メルライン 店頭

メルラインの店頭販売は?<全国のドラッグストア・ドンキでの取扱>

メルラインをすぐにでも試したい!
という方は、ドラッグストアなどの店頭で試せたら便利ですね。

 

 

当サイトでは、ドラッグストアやドンキなどの販売状況について掲載しています。
「最新」の情報をお届けしているので、気になる方はご覧になってくださいね^^

 

 

実際に店頭で購入できることのメリットと言えば

 

テスターなどが試せる
実際に現品を見れる

 

 

というところかと思います。

 

そこで顎のニキビケア「メルライン」の、
店頭での取扱について調べてみました。

 

 

果たして、メルラインはドラッグストアで販売されているのでしょうか?
今回は、主な調査方法として

 

 

  1. 実際に店頭に行って確かめる
  2. インターネットで検索する
  3. 店舗に電話してみる

 

 

という形で、全国の店頭での取扱について
調べてみました。

 

するとメルラインは

 

ドラッグストアに販売なし

 

という結果となりました・・・

 

 

では、どの販売店なら購入することが出来るのでしょうか?
それは「公式サイト」です。

 

 

公式サイトなら、多くの特典つきでメルラインを購入することができます^^
なので、気になる方は公式サイトから確認してみてくださいね。

 

 

▼メルラインの公式サイトはこちら▼

 

 

 

 

メルラインはドンキで売ってる?

 

 

さて、メルラインはドンキに売っているのでしょうか?

 

バラエティに富んだ品揃えの「ドンキホーテ」ですが、
ドラッグストアなどでは見たことも無い化粧品なども販売されているので、
メルラインが売っているか気になりますよね。

 

全国のドンキホーテでの取扱を確認したところ、

 

 

ドンキでも取扱なし

 

 

という結果となりました。ということで、メルラインは
「公式サイト」のみの販売となります。

 

 

店頭で購入しようと思われてた方は、
通販サイトから手に入れてくださいね^^

 

 

メルラインをなぜ店頭(ドラッグストアやドンキ)で販売しないのか

 

 

メルラインはどうして店頭で
市販されていないのでしょうか。

 

 

たくさんの店舗で取扱をすれば、商品の認知度も上がって、
もっと売れること間違いなしなんですけどね・・・

 

 

しかも、「顎のニキビケア」というコアな商品に限っては、
他社商品の取扱も少ないので良いと思うんですけどね。

 

考えられることとすれば、ドラッグストアなどで
市販されることによって

 

手数料がかかってしまう

 

というのが大きな障壁になるかと思います。
通販で販売される際は、メーカーから直送できるので
余計な手数料などがかかりませんが、

 

 

ドラッグストアなど店頭で販売される場合は
小売店などに手数料を払わなければならないので、
なかなか難しいんですね。

 

 

なので、メルラインを購入する際は公式サイトより
購入してみてくださいね。

 

 

当サイトまとめ

 

 

当サイトを最後までご覧頂きありがとうございます^^

 

ドラッグストアなどの店頭で取扱がない
楽天やAmazonでも取扱がない

 

という結果となりました。なので、
最安値は自動的に「公式サイト」ということになります。

 

公式サイトなら、メーカー直送になるのでとても安心です。

 

 

また、公式サイトには価格の情報以外にも詳しく知ることができて、
とても分かりやすい販売ページなので、気になる方は是非一度ご覧になってくださいね。

 

 

メルラインは実際に購入された方の91%が満足されていて、

 

  1. 化粧ノリがよくなった
  2. フェイスラインがよくなった
  3. ブツブツニキビから解放された
  4. 黒ずみが綺麗になった

 

との感想が続々と届いています。
メルラインで顎のニキビケアをしたい方は、是非公式サイトよりお試しくださいね♪

 

 

▼メルラインの公式サイトはこちら▼

 

 

 

【こちらもオススメ】
メルラインのドラッグストアでの取扱を徹底調査!
顎・首ニキビのケアはこれで決まりです!
メルラインは薬局店舗(市販)で買える?【知って得する3つの事!】

 

敏感肌になってしまう原因は何?

肌の調子には波があるものですが、一度敏感肌になってしまうと健康な肌に戻るまでに時間がかかってしまいます。敏感肌になってしまう人の多くは乾燥肌やアトピー肌など、なんらかの肌トラブルを抱えていることが多いです。健康な肌と比べても刺激に対して過敏な肌の人が、過剰なスキンケアをすることで敏感肌になってしまいます。

 

その主な間違ったケアが、洗浄力の強い製品で顔を洗いすぎていること、ピーリングなどで肌の角質を落としすぎていることです。健康な肌なら大丈夫なことでも、乾燥肌やアトピー肌には刺激が強すぎます。肌から必要以上に皮脂を奪い、角質層を無理やり剥がしている行為が敏感肌を作り出してしまいます。

 

肌には角質層があり肌を外的刺激から守っていますが、敏感肌の人の場合はターンオーバーが早くなりすぎて角質層が薄くなっていることが挙げられます。
未熟な角質層では肌を守ることが出来ず、肌の内側の潤いもどんどん逃げてしまいます。水分に満たされていない肌はバリア機能が低下しているため外部刺激をダイレクトに受けてしまいます。
悪循環を繰り返しているのが敏感肌なのです。角質層が薄く未熟なままですので、治そうとして色々ナスキンケアをすることは刺激が強すぎて悪化させる原因になります。

 

一旦敏感肌になったなら、過剰なスキンケアを止めて肌が回復するのを待つしかありません。できることと言えば、保湿をして肌に水分を補うことです。そうすることで乱れてしまったターンオーバーが正常に戻ろうとします。角質層が健康的な厚みを取り戻すことができれば、敏感肌も少しずつ改善します

 

保湿の重要性について

 

お肌のトラブルのほとんどは、しっかり保湿することによって防げるのではないかなと思います。

 

乾燥によるカサつきはもちろんのこと、乾燥からくるシワや肌荒れ、そしてニキビなども乾燥からくるものだそうです。

 

十分に保湿されていないお肌はターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れ、その結果様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

 

そんなことも知らなかった若い頃の私は、保湿ケアを本当に怠っていたなぁ…と後悔しています。化粧水だけ付けて乳液は付けなかったり、ひどいときは化粧水すらもろくに付けずに出かけてしまうこともありました。

 

今私は40歳ですが、最近乾燥するのは単に年齢のせいではなく、若い頃にこのようにスキンケアを怠ったツケが回ってきてしまっているんじゃないかなと思っています。

 

なので、今きちんとやらないと、50歳・60歳になったときにもっとおばあちゃんのような顔になってしまう!という恐怖感があります。将来のお肌のため、今からでもきちんとできることはやって、少しでも肌年齢を若々しく保ちたいです。
保湿する際に重視しているのは、やはり保湿効果の高い化粧水をたっぷりと使うということ。
お肌には美容成分をしっかりと届けることが大事だと思うので、最近では(以前は全く見ていませんでしたが…)、使う化粧水が高保湿タイプであるかどうかをきちんとチェックするようにしています。もっともっと努力して、できることなら実年齢より若く見えるようにしたい!というのが目標の私です。